スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

番外編?・・・安納芋

本日、長浜バイオインキュべーションから依頼がありました。

安納芋を使って、何か出来ないだろうかということで、

南浜ぶどうと同じように、ペーストが出来ました。

20101130.jpg

なんで安納芋なの? 地域の特産じゃないのに・・・

それは、数百年前の天文12年(1543年)8月25日にさかのぼります。日本史の詳しい方なら、この時に何が起こったか良くご存知でしょうが、そうです・・・種子島に漂着した南蛮船から鉄砲が日本に伝わった日です。
その時、現在の西之表市の鍛冶職人により、鉄砲試作が行われましたが、その翌年に長浜市国友町に伝えられました。
以来、国友町は鉄砲の一大製造地として発展しました。

それから、数百年後の昭和62年に国友鉄砲資料館の完成オープンを機に、両市の友好都市の盟約が締結され、現在も交流が続いています。

話が長くなりましたが、今回は、西之表市からの依頼で、種子島特産品である「安納芋」の販路支援を依頼された訳です。

安納芋とは、紫芋と共に種子島の芋を代表するさつまいも。
高水分で、焼くとまるでクリームのようにネットリとした食感、
生の状態で16度にもなる糖度で人気が非常に高まってきた。
時間をかけて上手に焼くと糖度が40度前後にもなる。


と言われてます。

何が出来るか、今後が楽しみです。





スポンサーサイト
プロフィール

マチビワ

Author:マチビワ
滋賀県長浜市のびわ商工会のスタッフが長浜市びわ地域の見どころ・イベントなどを紹介しております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。